身体を知るとおもしろい

答えは一つではないのですが、知ることで意識をすることが出来ます

私もいくつかの 癖があって

座るとき・歩くとき・立っているときなど

普段何気なくしている動作の中で、意識せずに行っていることが身体のゆがみに大きく影響をしています

左の股関節がずっとつっかえて仰向けで開くと痛みがありました

股関節がもともと弱いのかなと思っていたけど痛みの原因はそこではなく

原因の箇所をストレッチで楽に

数日後、また股関節のつまりが…

痛みが出るたびにマッサージに行っても良くはなりません

何故なら普段の何気ない動作からくる筋肉の過緊張が原因の場合が多いからです

分かったからと言って直ぐに良くなるわけではないのですが

気を付けることでとても楽な身体を手に入れることが出来ます

私のクセも無くなったわけではないけど、長年辛かった腰痛と肩こりが無くなりました

数十年使ってきた自分の身体のクセを変えていくのはとても難しい事です

まずは知ることら入っていくと身体の変化が楽しくなってくるかと思います

身体の変化とはきれいな姿勢を作っていく事

モデルのような体ではなく痛みにつながりずらい身体

沢山の〝なるほど”を皆さんに伝えていけるようにいっぱい学んでいきますね




○○な一枚

/album/%e7%b4%a0%e6%95%b5%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%ad%ef%bd%9e/img-0001-jpg1/

—————


***Hanaより***

2018年10月30日 14:47

セルフストレッチング・筋膜リリース 11月11より始めます

私たちの身体に付いている沢山の筋肉をセルフストレッチングやポールを使ってリリースしていきます柔らかい身体を作るというよりは硬くなった筋肉を柔らかくして関節の可動域を少し広げ身体を楽にしていきます硬くなった筋肉をそのままにしておくと身体の歪みにつながる可能性があります日々の生活の中で使う筋肉にはかたよりがあります使いすぎた筋肉は骨をひっぱり股関節に痛みが出たり猫背・頭が前に出ている・骨盤がゆがむ・腰痛・足がO/X脚・頭痛・お腹が出るなどなどさまざまな形で出てきます一般的に人は前に丸くなるのが得意で、前面の筋膜が硬くなって背骨を伸ばすことが難しくなっていますその結果、身体の後ろ側についている大切な

—————

2015年07月18日 01:17

姿勢を治して腰痛予防

「身体が硬いけどピラティスは出来る?」ってよく聞かれるんです。 全然大丈夫です。 なぜなら!ピラティスで柔らかくしないといけない筋肉は皆さんが思っているところとは違うから。 硬くなった筋肉を柔らかくして、筋力低下したところを鍛える。 その結果、傾いた骨盤を元に戻し、内に入った肩を治して姿勢を良くしていきます。      

—————

2015年07月06日 21:08

自分の体を使えるようにしましょ!! そして楽な体を作りましょうね

こんにちは Hanaのかこです。   すっかり人の体にはまってしまい、ピラティスの教室を初めてしまいました。   実はわたし美容師なんです。   いろんな人の体の悩みを聞いているうちにどっぷりハマりました。   それと、自分の親の介護を通して筋肉の大切さも実感。   ピラティス=シェイプアップと思っているかたー!。   そんな単純なものではないんですよ!。   あらゆる年代で、必要なエクササイズが出来るんです。   始めてみるだけの価値あるスポーツです。   私はピラティスを始めて腰痛とさよならすること

—————